ライン

ワカサギ釣りのライン

更新日:

リール使用の場合ラインは手繰りと違いイト絡みをあまり考えなくてもよいので細イトを使用できるというメリットがあります。しかし、その代わりバックラッシュというデメリットがあります。

同じ太さのラインであれば、張りのあるフロロラインがバックラッシュしやすく、次にナイロンライン、PEラインの順となります。私が使っているラインは新素材のPEユニチカ泳がせ専用「ユニベンチャーあゆ0.1号」です。

PEラインの特徴

強くて細い(ナイロンラインの約3倍の強度)、伸びがない(少ない)、巻きグセが付かないことですがその最大のメリットはズバリ"感度"。

伸びがない、巻きグセが付かない特徴は、かすかなアタリでもダイレクトに穂先に伝えることができ、瞬時のアワセが決まりやすいというメリットがあります。

そして細いゆえに水抵抗が少なく軽量オモリを早く落とせるので、繊細さを求められるワカサギ釣りには大きなメリットになります。

また、オマツリなどのライントラブルで途中切断しても、電車結びで結束すれば結び目が小さいので、送り出しのとき結び目にラインが引っかかる心配もありません。

PEラインは取り扱いが面倒、価格が高いなどデメリットも多いラインですが、リールを使うワカサギ釣りに限ればメリットのほうがはるかに勝るといえます。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

-ライン

Copyright© 桧原湖ワカサギ釣り情報 , 2017 All Rights Reserved.