「タックル紹介」 一覧

桧原湖のワカサギの釣り方には2タイプありミャク釣りとウキ釣りがあります。どちらかというとウキ釣りは浅場向きで水深のあるエリアではミャク釣りが主流となっています。

仕掛けを上げる(下げる)方法としては、手繰る方法、手巻きリールを使う方法、電動リールを使う方法の3種類があります。ミャク釣りで手繰る方法がオーソドックスなスタイルですが、ここ最近は扱いが簡単で価格も手ごろな電動リールを使う人が多くなってきています。

私の釣り方はミャク釣りで手巻きリールと電動リールを併用しています。 ワカサギ釣りはタックルの良し悪し、すなわち穂先、ライン、仕掛け、オモリのトータルバランスが取れているかどうかで釣果に大きく影響します。 タックルは市販品でも対応できますが、行き着くところはやはりオリジナルタックルといえます。

私のタックルの基本コンセプトは、軽量オモリを出来るだけ早く落とし、高感度穂先でアタリを捕らえ、いかにしてワカサギを数多く釣るかという 「スピードと感度の追求」を最大のテーマとしています。

Copyright© 桧原湖ワカサギ釣り情報 , 2017 All Rights Reserved.