桧原湖ワカサギ釣り情報

桧原湖でのワカサギの釣りかた、タックルの紹介、疾風の最新情報、タイムリーな釣果報告など桧原湖情報満載です!

ワカサギ釣果報告

2010年12月25日 ワカサギ釣りin桧原湖 釣果58匹

投稿日:

12月25日、ゴールドハウス目黒さんの屋形船に
レンチャンで釣行してきました。
天候:雪 北西の風強い
朝の気温:-5度
受付に行くと、白幡さん、ハーリー岡田さん、それに昨日
宿泊の萩本さんご夫妻が見えていたのでご挨拶と雑談を
して出船を待ちます。
6時半出船の合図が出ました。
桟橋までの道のりは深い雪で歩くのも大変で、さらに桟橋
付近は凍っていてちょっと怖いくらいでした。
ホテル前屋形船に着き、私の右隣に妻が釣り座を構えます。
今日のスタートの仕掛けは・・・昨日と同じで
右手側:G-目黒スーパープロ留光玉付き七本鈎(秋田狐1号)
     オール新素材仕様
左手側:三段誘い六本鈎(秋田狐1号)
     オールナイロン仕様
赤サシとブドウ虫を付けて仕掛けを落とすと、昨日と同じく
西風が強いので流れが出ています。
2.5gのオモリでもラインが斜めに落ちていきます。
オモリが着底してタナを合わせます。
即アタリはありません。
昨日の今日なのであまり期待はしていませんでしたが、誘って
も誘ってもアタリありません。
しばらく誘ってやっと1匹ゲット。
あとが続きません。
8時のオルゴールが鳴っても、良くなる兆しがありません。
「ツ抜け」したのが9時ですのでかなり渋い状況です。
昨日のリベンジのつもりが、返り討ちに合ってしまいました。
上層に流れがあり、底付近は巻いているようで、オマツリの
連発です。
強風が続いているので「底荒れ」もしているらしく、居着きの
ワカサギは全くいないようで、時々回遊してくる小さな群れ
が魚探に写ったときだけ釣れという状況なので、誘わないで
魚探を見ていて魚影が写ったときだけ構えるという繰り返し
です。
そんななかでも白幡さんは順調に釣り上げていました。
一日中こんな状況で推移しました。
強風で帰りの船の安全のため3時終了、3時半出船という
アナウンスがありましたので3時に釣りを終了しました。
最終釣果は・・・
私・・・58匹 妻・・・56匹
でした。
時間帯別ラップ匹数
            私      妻
10時まで・・・    24匹    21匹
 
12時まで・・・   12匹    14匹
14時まで・・・   16匹    10匹
15時まで・・・    6匹    11匹
   合計      58匹    56匹
ちなみにホテル前屋形の竿頭は白幡さんで131匹でした。
デコ師匠グループが泊まりに来られると聞いていたので
久しくお会いしていないのでしばらく待つことにしました。
4時過ぎデコ師匠グループが到着。
皆さんにご挨拶してから、ストーブを囲んでしばし雑談。
高速が通行止めで一般道も混雑という情報なので、少し
早めに切り上げ帰路に着くことにしました。
駐車場では自力脱出できない車が続出です。
23年度年券を購入してきました。
帰路は、猪苗代のベニマルまでは比較的スムーズでしたが
そこから渋滞です。
49号線との交差点が渋滞しているので信号が青になっても
全く進みません。
15分くらい様子をみましたが、数十メートルしか進まないので
ルートを変更することにしました。
少し戻ることになりますが母成グリーンライン経由です。
このルートは渋滞のとき時々使うルートで、除雪もされている
ので吹雪で無い限り大丈夫です。
中ノ沢温泉を過ぎると、赤の点滅をさせた警察の車あって
警察官が道路に出て止まれの合図をしています。
何事かと思ったら、山を下った石莚地区で事故があり事故処理
中とのこと。
数台の事故なので開通までかなりの時間が掛かるので、
このまま進んで開通を待つか、それとも49号線に戻るかしか
ないとのこと。
49号線の混み具合は知っているので、このまま進んで開通を
待つ方法を選びました。
進んで行くうち対向車が来るようになりました。
ということは、開通して交互通行になっている可能性があるので
それに期待しました。
案の定、事故現場ではレッカーが数台いて道路わきに事故車
が片付けられていました。
と安心するのも束の間、今度は49号線の信号で進みません。
ここで20分くらいロス、信号が青になったところで49号線を
横断して、本宮街道を経由のルートをとります。
ここからはスムーズに進むことが出来て、7時半に家に到着
することが出来ました。
裏磐梯から約3時間掛かかりました。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

-ワカサギ釣果報告

Copyright© 桧原湖ワカサギ釣り情報 , 2017 AllRights Reserved.