桧原湖ワカサギ釣り情報

桧原湖でのワカサギの釣りかた、タックルの紹介、疾風の最新情報、タイムリーな釣果報告など桧原湖情報満載です!

ワカサギ釣果報告

2009年3月29日桧原湖ゴールドハウス目黒屋形船釣行

投稿日:

20090329.jpg
3月29日、ゴールドハウス目黒さんの京が森屋形船にJrひでと二人で釣行してきました。
目黒さんの営業は終了していますが、連日の冷え込みと降雪で湖上の状態は1週前とほぼ同じなので、モービルで勝手に行くという条件付きでお借りすることにしました。
京が森屋形船貸切で、Jrひでと差しで勝負です。
5時45分、Jrひでがモービル一人乗りで京が森送迎ルートの偵察に出発しました。
京が森送迎ルートには竹が差してあるので、そこのルートをスノーモービルで一気に走り抜けて行きます。
しばらくして京が森屋形に到着。
屋形船の中に入っていってしばらく出てきません。
ストーブを点けてから戻ってくるようです。
屋形船から出てくると、スノーモービルに乗りガンガン飛ばして戻ってきます。 
氷の状況は大丈夫なようなので、今度は二人乗りで京が森に向かいます。
少し蛇行しながら京が森に到着。
モービルを目黒さんの方向に向けてから、氷の状況を調査します。
鉄の棒で突いてみると、上から15cmの新雪、5cmの氷、10cmの雪、その下に氷がありこれは鉄の棒でいくら突いても割れません。
この状況だと、日中に緩んだとしても帰路は心配ないと判断しました。
3番屋形に入り私が北側、Jrひでが南側に釣り座を構えます。
魚探を入れてみると底付近に反応があります。
仕掛けを落としても即アタリはありません。
しばらく誘ってようやく1匹ゲット。
その後ポツポツという状況で、8時を過ぎても同じような感じです。
9時過ぎに専務がスノーモービルでやってきました。
専務も釣りに参加です。
魚影は少し濃くなってきましたが、なかなか口を使ってくれません。
ここはワカサギ釣り体験の観光客のみなさんがいじめ抜いたところなので、かなりスレッカラシのワカサギ連中です。
二人して穂先替え・オモリ替え・頻繁にエサ交換とやっていきますが、何かを変えると2?3匹は釣れますがその後が続きません。
大変疲れる釣りです。
お昼になったのでカウントしてみると、私96匹Jrひで92匹とほぼ互角の釣果です。
ところが、午後の部は私のとこのアタリがパタッと止まってしまいました。
Jrひではコツコツと数を伸ばしています。
私が2匹追加して98匹になった時点でJrひでは10匹追加して108匹です。
アッというまに10匹の差を付けられてしまいました。
その後は同じような釣れ具合となり3時終了で最終釣果は。
私    110匹
Jrひで 120匹
10匹の差でJrひでの勝利となりました。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

-ワカサギ釣果報告

Copyright© 桧原湖ワカサギ釣り情報 , 2017 AllRights Reserved.