桧原湖ワカサギ釣り情報

桧原湖でのワカサギの釣りかた、タックルの紹介、疾風の最新情報、タイムリーな釣果報告など桧原湖情報満載です!

ワカサギ釣果報告

2009年3月21日桧原湖ワカサギ裏ゴールドハウス目黒カップ

投稿日:

20090322.jpg
3月21日、ワカサギ裏目黒カップが夕方から行われるので行ってきました。、
6時目黒さん到着。
受付には,ワカサギ裏目黒カップに参加される皆さんが大勢顔を見せていましたので皆さんにご挨拶。
昨日ザフザフだった湖上は夜半からの冷え込みでカチカチに凍っています。
ハウスの下はスカスカ状態になっているので、ずらして新しく設置することにしました。
10mくらい北側に良いところがあるとJrひでに聞いていたのでそのへんに移動しました。
ハウスの中で穴あけ開始、6個穴を開けて、風対策を済ませました。
6時半ころ釣り開始。
魚探を入れてみると前の場所と同じくらいの深さで反応も同じくらいです。
仕掛けを落とすと即ピクピク・・・・。
ポツポツながら釣れます。昨日よりスタートはいい感じです。
100束くらいは行くかな?という感じでしたが、9時を過ぎるとパタッとアタリが止まってしまいました。
10時ころ、若研さんがスノー早稲沢からモービルでやってきました。
ハウスに入っていただきコーヒーを飲みながら雑談です。
若研さん手持ちぶたさのようなので、妻の一方をお貸しして釣りながら色々と情報交換。
小一時間ほど滞在してまた早稲沢に戻っていきました。
お昼近くなると、近くでアイスバスフィッシングをやっていたツレツレ隊長がやってきました。
ハウスの中に入ってい頂き、一緒に昼食にすることにしました。
モチとか韓国チジミ、焼き鳥を焼いて食べながら雑談タイムです。
お昼を過ぎても釣れません。
裏目黒カップの集合が3時なので、早めに終了しました。
釣果は私62匹、妻32匹です。
会場の17番屋形に行くと、若研さんが試し釣りをしていました。
1時間やって4匹と激渋のようです。
私も隣で竿をだして1匹ゲット。
そのうち、参加の皆さんが続々と屋形船入りしてきます。
参加申し込み者25人が全員集まったところで挨拶とルール説明。
ルールは、1本竿30分場所替え2回戦で匹数勝負です。
賞は1?3位・大物賞・小物賞・1抜け賞です。
開始の時間が時間なので数はあまり期待できません。
毎年優勝者は5匹前後です。
4時過ぎ釣りスタート。
スタート直後二本松の菅野さんが早々と1匹ゲット。1抜け賞決定です。
その後シーンとしています。数少ないアタリを確実にゲットしなけえばならないので、皆さん真剣です。
次若研さん1匹ゲット。
また、若研さん1匹ゲット。
電動リールの音がすると一斉に注目されます。
若研さん余裕で冗談などかましています。
私も4人目くらいに1匹ゲット。
20分経過したころ私も2匹目ゲットしました。
1ラウンドの30分が経過したところで、若研さんと私が2匹でトップ。
1匹ゲットが5人くらいいました。
釣り座の抽選が行われ2ラウンド目スタート。
仕掛けを落としてタナを取ろうとしたところでアタッてしまい、慌てて合わせをいれましたが惜しくもゲット出来ず。
若研さん3匹目ゲットで単独トップ。
ゆみたんが2匹目ゲット、3匹目ゲットと連続してトップに並びます。
私も3匹目ゲット、白幡さんも3匹目ゲットと3匹同数4人となりました。
しばらく沈黙が続いたあと、若研さんの電動リールの音が鳴り響きました。
周りで穂先を見いる人たちが「いるいる!!」と言っています。
若研さんも「いるぞ?」と気勢を上げています。
ところが・・・・水面近くでバレてしまいました。もったいない1匹です。
3匹同数変わらずの緊迫した状態の中で、抜け出たのがワカサギクイーンゆみたんでした。
そのまま逃げ切り優勝をものにしました。
その後目黒さんに戻り、表彰式と恒例の大宴会となりました。
うどん屋さんの挨拶と乾杯ではじまり、参加者全員簡単な自己紹介が行われました。
その後表彰式とジャンケン大会。
酔いが回ってきたところでメーンイベントの開催です。
マッパ隊長のつうちゃん、若研さん、さくパパさんの仮装ショーには全員大爆笑です。
ショーの内容が奇抜なだけに詳しいことは書けませんが、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

-ワカサギ釣果報告

Copyright© 桧原湖ワカサギ釣り情報 , 2017 AllRights Reserved.