桧原湖ワカサギ釣り情報

桧原湖でのワカサギの釣りかた、タックルの紹介、疾風の最新情報、タイムリーな釣果報告など桧原湖情報満載です!

ワカサギ釣果報告

2009年1月31日桧原湖ゴールドハウス目黒下氷上マイハウス釣行

投稿日:

20090131.jpg
1月31日、ゴールドハウス目黒さん下に設置した氷上マイハウスに釣行してきました。
今日のゲストはバスの川口プロご夫妻です。
6時目黒さんで待ち合わせしました。
一週間ぶりなのでハウスの状況を確認に、モービルで川口プロと二人で出発しました。
外から見るぶんには、沈んでいる様子はありません。
ハウスの中に入り蛍光灯をつけてみると、スリットに2cmくらいの氷が張っているだけでした。
ストーブに着火してから、氷を割って砕いた氷を除去,ハウス内の準備が終わったので、妻と川口プロの奥様を迎えに行ってきました。
7時少し前釣りスタート。
妻が一番奥、次が私・川口プロ・奥さんという体制で釣り座を構えました。
穴は6個しか開けていないので、川口プロと妻が1本竿、奥さんと私が2本竿です。
川口プロはクラブクレスト、ほかは全員疾風使いです。
奥様は昨日「専務のマイ疾風」を2丁貸していただいて疾風入門。
初めて2丁使いで222匹も釣り上げたそうです。
使い勝手の良さと、敏感穂先がたいそう気に入ったようで今日も疾風2丁使いです。
魚探を入れてみると、魚影はかなり濃いですが40cmくらい浮いています。
8時ころまでポツリ・ポツリという状態でしたが、その後少しづつ喰い気が良くなってきました。
三人の「疾風」の快音が鳴り響く中、川口プロもクラブクレスト1丁使いでバンバンと釣り上げています。
奥様は釣れる度に歓声を上げて楽しくて仕方がないという感じです。
そこそこ釣れるので釣りながら会話も弾みます。
順調に釣れ続きましたが、10時ころからアタリが遠のき始めました。
渋くなると赤城で鍛えた川口プロの腕が冴え、コツコツと釣果を伸ばしてきます。
先行していた私にじわじわと迫ってきます。
1月11日の釣行記と全く同じ展開となってきました。
川口プロ11時すぎに1束達成。
昼食を食べ終わると、川口プロも「疾風」体験ということで疾風バイオレットに切り替えました。
流石釣りのプロ、疾風を難なく使いこなしてしまいました。
たぶん近いうち川口プロの「疾風」二刀流が見られるのではないかと思います。
午後はもっぱらおしゃべりタイムとなってしまいましたが、
釣果は川口プロ125匹、奥さん40匹くらいかな?
私143匹、妻80匹でした。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

-ワカサギ釣果報告

Copyright© 桧原湖ワカサギ釣り情報 , 2017 AllRights Reserved.