桧原湖ワカサギ釣り情報

桧原湖でのワカサギの釣りかた、タックルの紹介、疾風の最新情報、タイムリーな釣果報告など桧原湖情報満載です!

ワカサギ釣果報告

2016年11月23日ワカサギ釣りin桧原湖

投稿日:

11月23日、ゴールドハウス目黒さんの屋形船に釣行してきました。

天候:曇り 西の風

1611231

朝の気温:1度

1611232

今日はJrヒデと一緒なので雄子沢屋形の5番屋形に白幡さん、
宮本さん、神谷さんと5人で入りました。

魚探を入れてみると少しだけ反応があります。

1611233

今日のスタートの仕掛けは
左手側:G目黒スーパープロⅣ七本鈎
右手側:極細二段誘い七本鈎

1611234

オモリはVARIVAS四面オモリスイベルジョイント5gを使用
赤サシとブドウ虫を付けて仕掛けを落とします。

即ピクピクは無しで、しばらく経ってから1匹目ゲットしました。
魚影もそれほど濃くならず、ポツ~リ・ポツ~リと釣れる程度です。
8時で19匹。
1611235

8時を過ぎてもワカサギは入って来ずで、ポツリ・ポツリと
釣れる程度の激渋状態です。
堪らず屋形を移動しました。

別ハウスに入った水野名人と岩城さんがデッドヒートを繰り返し
ているとの情報が入ったので観戦に行きました。

二人共200匹前後で、シーソーゲームになっています。

1611236

水野名人のタックルは電動リールが蔵、穂先が蔵の松
岩城さんのタックルは電動リールがクリスティア、穂先が大木スペシャルSL324Pです。

水野名人の釣りは穂先を上下させながら手の感覚での釣り、
岩城さんの釣りは穂先の微妙な変化を見逃さない釣りで
釣り方に違いがあります。

アタリがあってヒット率はお互い80パーセント以上とかなりのハイレベルです。
餌の交換時期もお互い駆け引きしながらのタイミングです。

ちなみに、二人は年齢は同じで、視力は水野さん1.5、岩城さんが1.2です。
水野さん電話が掛かってきたら、「今忙しいので後で」とだけ言って電話を切ってしまいます。

このときは同数でしたので、電話に出ている余裕などはありません。

ギャラリーは5人いましたが全員で大笑いでした。

しばらく観戦してから釣り座に戻り釣り再開。
こちらの屋形はポツリポツリ程度に釣れます。

お昼になったので、ご飯を食べて名人戦を観戦に行きました。
お互い5匹前後のシーソーゲームが繰り返されていました。
お互いお昼ごはんも食べずに、トイレには1回しか行っていないそうです。
近差の勝負なので、トイレに行くと5匹位差が着いてしまうので
負けている間はトイレに立てないようです。

2時まで観戦して、一旦自分の釣り座に戻りました。
ポツリ・ポツリと釣れる程度なので、3時になったので状況を
確認に行きました。

水野名人が20匹程度リードしていました。
岩城さん痛恨の一人オマツリで、ラインまでカットしなければ
ならないほどの重症で、リーダ交換、仕掛けセットで時間をロスしてしまったようです。

3時20分現在で20匹差なので、あと30分ではその差は詰まらないと判断して、お互い3時40分終了ということで話がまとまりました。

二人の最終果は
水野名人・・・540匹
岩城さん・・・520匹

お二人の名人技を観戦させて頂きありがとうございました。

ところで私の釣果は79匹でした。

1611237

時間帯別ラップ匹数
8時まで  19匹
10時まで   8匹
12時まで  30匹
14時まで   0匹
16時まで  22匹
合計    79匹

雄子沢の竿頭は岩城さんで520匹
ホテル前の竿頭は大黒様で273匹
竿頭ゲットおめでとうございます。 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

-ワカサギ釣果報告

Copyright© 桧原湖ワカサギ釣り情報 , 2017 AllRights Reserved.